Athena Press      ††††† アメリカ・イギリス・フランスの文化研究資料復刻出版

Athena Sources in Urban History

MODERN LONDON, 1900–1940

Parts 1–3   

モダン・ロンドン 1900-1940

   Parts 1-3:概観・図像記録

 

Part 1 全4巻

ISBN 978-4-86340-283-6  ・  B5判  ・  c. 1250 pp.(incl. 107col.), ill.

定価 本体95,000円+税  2018年

 

Part 2 全3巻

ISBN 978-4-86340-284-3  ・  A4判  ・  c. 1200 pp.(incl. 3col.), ill.

定価 本体92,000円+税  2018年

 

Part 3 全3巻

ISBN 978-4-86340-285-0  ・  菊判  ・  c. 1620 pp., ill.

定価 本体66,000円+税  2018年

 

1900年から1940年の間に刊行された、ロンドンの街と暮らしについての資料を集成していくシリーズ!
いずれも基本的には20世紀のロンドンを扱いますが、これらはしばしばその過去に立ち戻るもので、18世紀や19世紀のロンドンについても触れているものが多くあります。
今回は、多数の図版によってロンドンを概観するヴィジュアルな資料を3パートに分けて構成しました。この時期に生じた変化を記録した図像記録です。

▶ ▶ ▶ ▶ ▶ 推薦文1 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ 

▶ ▶ ▶ ▶ ▶ 推薦文2 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ 

Contents

 

Part 1

1900年前後において、その後20年か30年の間に消失あるいはその危機にある建造物やランドマークを取り上げた書籍の中で、特に重要視されているタイトルを集成。 ヴィクトリア朝時代の暮らしから時が流れ、次の時代へと押しやられたロンドン人の中に去来する古き時代への郷愁が、描画、エッチング、水彩画によって描かれた街並みとともに綴られています。

 

Philip Norman London Vanished and Vanishing (1905) 

Southwark • The City and East End • More City Houses • Some Ancient City Relics • The Ward of Farringdon Without • About the Inns of Court and Chancery • Westward Ho! • The Western Fringe • Index

歴史研究家で水彩画家のP. Normanがロンドンを描き解説したもの。注目すべき建造物やランドマークを巡るように構成され、「発展と破壊が同居する」大都市ロンドン巡りへ我々を連れ出すかのようです。ここで示された建造物の大半は著者の生存中に取り壊されることとなります。本書は限定出版で著者の手による75枚のカラー図版を含みます。 

 

Hanslip Fletcher, ed. London Passed and Passing: A Pictorial Record of Destroyed and Threatened Buildings (1908) 

Southwark • The City and East End • More City Houses • Some Ancient City Relics • The Ward of Farringdon Without • About the Inns of Court and Chancery • Westward Ho! • The Western Fringe • Index

「すでに壊されたり、今後壊される運命にある建造物」が、イラストレーターH. Fletcherのモノクロのエッチングやスケッチで描かれ、W. R. LethabyをはじめA. E. Richardson、 Frank Rutterといった美術・建築評論家の文章を併せて掲載しているもの。 

 

Malcolm C. Salaman London Past and Present (1916) & E. Beresford Chancellor Disappearing London (1927) 

[Salaman] London Before the Great Fire, 1666 • Eighteenth-Century London • Modern London: The River and Bridges; Churches; Streets, Houses, etc.; Public Buildings and Monuments

[Chancellor] The Bank • The Last of the G.P.O. • Hop Exchange after the Fire in 1920 • Waterloo Bridge • The Quadrant • Piccadilly Circus • Church of All Souls • Piccadilly • Demolishing Devonshire House • Savoy Steps, Strand • Cloth Fair, 1914

前者は、様々な芸術家によるロンドン情景の選集です。主に現代的に移り変わったロンドンを扱い、対象物ごとに整理して解説、テムズ川とそれに架かる橋、教会、街路と住宅、公共建築と記念碑といったものが取り上げられています。後者は12枚のエッチングそれぞれに、ロンドンの歴史について数多くの著作があるE. B. Chancellorが解説を付けたもの。この2タイトルは共に“The Studio”の刊行で、合本して復刻します。 

 

E. Beresford Chancellor Lost London: Being a Description of Landmarks Which Have Disappeared (1926) 

Chelsea • Westminster • Spring Gardens and Whitehall • The Strand • The Borough, Southwark • Stockwell, Vauxhall, and Battersea • Index

E. B. Chancellorのこのジャンルでのもう一つの重要著作で、水彩画家J. Crowtherが描いたロンドンの風景画を集めて解説を付したもの。J. Crowtherは1879年にCharles Chadwyck-Healeyの依頼で、急速な拡大と現代化が進むロンドンにおいて保全の危機にある建造物を描く作業に従事、このプロジェクトに15年以上携わり、440枚以上の水彩画といくらかの描画を残し、これらは現在London Metropolitan Archivesに収蔵されています。本書は60枚のCrowther作品を用いて「最近の40年から50年のうちに」失ってしまったものを説明し、かつてのロンドン中心部の情景の中に我々を引き込んでくれます。 

 

 

 

Part 2

1920年代のロンドンを詳しく記述したWonderful London全3巻。充実した内容は、19世紀半ばのロンドンを描いて評価の高いチャールズ・ナイトのLondon (1841–44、全6巻) 、前世紀転換期において同様のジョージ・シムズのLiving London (1901–3、全3巻)に比肩する優れたものです。

 

Arthur St. John Adcock, ed. Wonderful London: The World’s Greatest City (1926–27) 3 vols 

The Magic of London • The Soul of Suburbia • The Street of Adventure • Some London Vistas • The Airman’s View of London • London Types • The Lord Mayor and Corporation • London Goes A-Dancing • The Story of St. Paul’s • Early London • Tottenham Hale • London Children • In and About the Old Churches • Round About Soho • Street Markets and Street Hawkers • Down in Dockland • A Look at the Zoo • Musings in Mayfair • Round the Picture Galleries • The Women Workers • The Inns of Court • The Noble Art in London • The Fun of the Streets • Military London • Shopping East and West • The City That Shakespeare Knew • From Mayfair to Whitechapel • The London Fire Brigade • The Story of Westminster Abbey • The London That I Love • When Greater Britain Comes Home • A Look at the Stage To-day • The Tower of London • Bohemia – Old and New • Parliamentary London • Cat and Dog Life • Leafy London: In Park and Pleasaunce • The Thames and Its Bridges

Cockney Humour • London’s Sports and Pastimes • Royal London: Its Palaces and Memories • In Places Where They Sing • “Harley Street” and Its Significance • The London Season • The London of Johnson’s Day • Round the Big Markets • Some Lost Rivers of London • The Cockney’s Bank Holiday • The City Companies • Getting About Town • Yesterdays at the Theatre • The Gates of London • Social Work and Workers • The Birds of London • The Bank and the Banks • Raising the Wind • London’s Lesser Waterways • The Morning and Evening Rush • Whitehall: Past and Present • Some Queer Trades of London • Public Monuments – Good and Bad • London at School • The Londoner • Second-Hand Bookshops • Among the Squares and Circuses • The Scotsman’s London • London’s New Architecture • A Glimpse of the Underworld • Where Great Men Lived • Out of the Hurly-Burly • London’s Own Museum • How London Strikes a Provincial • Thackeray’s London • In Clubland • The Police Courts: Humour and Pathos

The Case for Old London • The London County Council • Some Famous Auction Rooms • In Jewry • Lloyd’s and Its Work • London by Night • Where the Money Is Made • A Talk About the Libraries • In Boarding-House Land • Diplomatic London • The Artists’ London • Legal London • London at Lunch • A Meditation Among the Tombs • Some of the Private Palaces • Ghosts of London • Scotland Yard and the Criminal • A Round of the Night Clubs • A Diversity of Creeds • Below the Surface • London as I Knew It • Women’s Clubs • The Port of London Authority • How London Cares for the Sick • Foreign London • How London Is Lectured • Dickens’s London • Parishes of Old London • Sunday in Town • Industrial London • The Coming of the Cinema • The London Police Force • Outcasts of the Great City • The Museums and Their Treasures • Tales of the Taverns • On ‘Change • His Majesty’s Mails • London Cries • Fifty Years of Change • Index

1920年代のロンドンとロンドン人のあらゆる面を、同時代の作家やジャーナリストが称賛した文章で構成。元々は1926年3月16日号から1927年2月15日号まで隔週毎号48ページで刊行された雑誌で、 今では多くは全3巻に製本された形態で残っています。115の章から成り、この当時に「変化し続け、成長し続け、無限に変貌していくロンドンの」変幻自在な姿の全貌を示す意図がありました。 序文において編者は、「ネオ・ジョージアン」のロンドンのために、かつて16世紀に出たジョン・ストウ『ロンドン地誌』に比肩するものを目指した、と述べていて、 この時代の複数の著者を用いて複数巻で構成された編纂ものとして、より現代的な仕上がりとなっています。収録された文章の書き手は、主に批評家、ジャーナリスト、当時の人気作家で、 Alfred Noyes, Philip Gibbs, Richard Curle, W. Shaw Sparrow, Arthur Machen, W. Pett Ridge, E. Beresford Chancellor, Edwin Pugh, H. M. Tomlinson, H. J. Massingham, Cicely Hamilton, Walter Jerrold, Katherine Tynan, Lawrence Weaver, Ada Chesterton, Lewis Melville, Ralph Nevill, G. K. Chesterton, C. Lewis Hind, George Dilnot, and W. H. Daviesほか多数が関わりました。編集は数多くの著作を残し編集者でもあったArthur St. John Adcock。1200枚以上の撮り下ろしの写真が、 「ただ挿入されているだけでなく文章を補足し完全なものにして」本書の価値を高めています。 

 

 

 

Part 3

Harold Philip Clunnの3冊を集成。現在でも、この時期のロンドンの変化を記したものの中でベストの著作群と考えられており、三冊合わせると500枚近くの価値のあるモノクロ写真が用いられて詳しく説明されています。また三冊それぞれが異なる年代を扱います。これらはすべて、変化し続ける都市の鮮やかな目撃証言であり、現在なかなか直には手にできない大量の情報を含んだ重要資料です。

 

Harold P. Clunn London Rebuilt, 1897–1927 (1927) 

The City • The Strand Improvement • The West Central District • The West End • The Rebuilding of Regent Street and Piccadilly Circus • Oxford Street and Marylebone • Westminster • The District of Victoria • The Knightsbridge District • Kensington District • The District of Chelsea and Battersea Park • Paddington and Bayswater • Index

ロンドン中心部におけるもっとも重要な通りの改修計画や大規模な建築計画について、20世紀に入る数年前から約四半世紀を超える期間を考察。 

 

Harold P. Clunn The Face of London: The Record of a Century’s Changes and Development (7th ed., 1937) 

First to Twenty-Fifth Walk • First to Fifth Drive • Addendum • Index

1831年あたりから1931年までのおよそ1世紀の間のロンドンの都市としての成長と発展を書いたもの。初版は1932年で、以降繰り返し再版されていますが、本復刻は1937年までの変貌を追加した、第二次世界大戦前における最新改訂である第7版を底本としました。ロンドン中心部を25の街路に沿って説明し、さらに5つの街道を通じて郊外と「周辺の居住区域」まで扱い、周辺部への都市機能拡大の歴史を示しています。 

 

Harold P. Clunn London Marches On (1947) 

City of London • West Central District Including the Strand, Holborn and Bloomsbury • The West End • Westminster, Whitehall and Lambeth • Marylebone, St. John’s Wood and Regent’s Park • Belgravia, Knightsbridge and Chelsea • Kensington and Paddington • North London and Suburbs • East London and Suburbs • South London and Suburbs • West London and Suburbs • Index

Clunnのロンドンについての最後の著作で、1919年から1947年までに起こった変化に焦点を当てており、第二次世界大戦時の爆撃による損害・破壊と再建計画についても扱います。